ドテラのアロマは赤ちゃんにも使えるって⁉その根拠は?

友達を誘えば失敗するってまだわからないの?(タップ!)

ドテラのアロマが赤ちゃんにも使えるのは本当でしょうか?

ドテラエッシェンシャルオイルのアロマは 赤ちゃんの体にも使用できるそうです。

その根拠がドテラのエッセンシャルオイルを監修しているドクターヒル博士のお話からわかりやすくまとめてみました。

ドテラのアロマが赤ちゃんに使っても良い理由は?

ドテラ社の最高医療責任者

長年に渡り、エッセンシャルオイルを現代の健康習慣の実践のために活用してきました。カイロプラクティック医として、統合医療とエッセンシャルオイルの分野でよく知られています。彼は、世界中の病院や医療施設と共に、エッセンシャルオイルと現代医療の統合の確立を目指しています。また、多くの大学や研究機関を通して、エッセンシャルオイルの使用者のために最新の科学的情報を提供しながら、エッセンシャルオイル科学の教育と発展に取り組んでいます。Dr. ヒルは様々なラジオやテレビ番組に出演し、数々の本や出版物も出しています。Dr. ヒルは時代の最先端に立ち、人々が自分の健康を自身で管理できるように情熱を注いでいます。

ドテラのアロマを赤ちゃんに使えるかをリポート

エッセンシャルオイルの赤ちゃん、幼児、こどもへの使い方についてお話されています。

『最近のこどもは行動障害、精神的障害を持っている子どもが多い。(世界中で)

私が世界中を旅して、気づいたことの一つは、行動障害や精神的障害が世界中で起きているということです。

この状況は世界中で増加している傾向にあり、ADD、ADHD、自閉症、その他の精神的な病を患った子を持つ親には、多くの心配事や悩みがあることでしょう。

多くの親は、「子供をサポートする一番いい方法は何なんだろう。」と疑問を持たれます。

まず1番大切なのは、バランスのよい食事で栄養を摂ること。

健康上の問題を解決するのに一番大切なのは、体が正常に機能するために必要な栄養素がまず不可欠です。

子供たちが、バランスの取れた食事を取ること以上に、よりよい方法はありません。

子供の成長のために、サプリメントを追加することもお勧めしています。

ドテラが良質なサプリメントを提供しているのは、普段の食生活でまかなえない、子供の状況を改善するために必要不可欠な栄養分を提供できるからです。

エッセンシャルオイルがどのように行動障害や精神障害をサポートするのか?

エッセンシャルオイルは、ドーパミン(快を感じたりホルモン調節や意欲に関わる神経伝達物質)やほかの神経伝達物質にダイレクトに影響を与えることで、こどもの行動障害や精神的障害を改善することができると証明されています。

ドテラのアロマが赤ちゃんに使える基準は?

①エッセンシャルオイルをこどもに使用する効果的な方法を学ぶこと。

②アロマをディフューズすることにより、大脳辺縁系に直接影響し、気持ちを落ち着かせて精神のバランスを整える方法を知ること。

エッセンシャルオイルというものは、ある特定の対症療法的に使うだけのものではなく、むしろいろんな状況に使われることで相互作用で良い影響を与えることができるものであります。

塗布など正しいオイルの方法を活用することで、大脳辺縁への良い影響のみならず、行動障害の全体的な改善のために、素晴らしい効果があります。

エッセンシャルオイルは、精神を和らげ、落ち着かせ、気持のバランスを整えます。

また、エッセンシャルオイルは、特別な状況のみに適用されるものではありません。

エッセンシャルオイルについてより学ぶことで、それが個人の様々な状況に、柔軟に適用できることを知っていただけます。

私は、様々な状況で苦しんでいる方々が、エッセンシャルオイルを使用される時に喜びを感じます。

なぜなら、科学的薬品からの副作用や悪影響を受けることなく、彼らが肉体的・精神的に平安と安らぎを得れることを確信しているからです。

何よりも大切な我が子を守り、いつも健康でいてほしい。

最終的に自分の子供を守れるのは親だけだと思っています。

何かあった時でも、しっかりとしたエッセンシャルオイルの知識があれば活用できることは多いです。お子さんがいる方は、特にエッセンシャルオイルの有効的な使い方を一緒に学んでいきましょう

多くの人が、苦しみから解放されることを願っています。』

 

人脈が無限に増える!リストアップのコツを知りたくないですか?(タップ!)

ドテラのアロマで赤ちゃんに使えるオイル

ドテラアロマを赤ちゃんに使用できるエッセンシャルオイルは下記のとおり。

サイプレス、フランキンセンス、ゼラニウム、ジンジャー、ラベンダー、レモン、マジョラム、メラルーカ、オレンジ、ローズマリー、サンダルウッド、タイム、イランイラン

未熟児でなければ新生児から使用可能ですが、30mlのキャリアオイルに対して精油1~2滴に薄めることが必須です。

*柑橘系オイルは直射日光に当たる12時間前は使用禁止

新生児は皮膚が薄く敏感なので、0.5%~1%濃度で足の裏に精油を塗布することをすすめています。

足裏以外に塗るときは様子を見ながら行いましょう。

ドテラのアロマが赤ちゃんに使える基準と他者の違いは?

◆日本アロマ環境協会

→3歳までは芳香浴のみ(香りをかぐだけ)

◆アロマセラピー関連書籍(日本語)

→1歳から使える

◆補完療法としてアロマを取り入れている日本人医師

→生後7ヶ月から使える

◆あるアロマブランドのベビー用マッサージオイル(精油を含有)

→生後4ヶ月から使用可と記載

◆海外書籍(イギリス)

→生後3ヶ月から使える

一体どれが本当なんでしょう?

ドテラのオイルは未熟児でなければ新生児、、妊婦も使用可能と言われています。

ドテラのアロマが赤ちゃんに使えるCPTG基準

ドテラでは、すべての製品にCPTGという独自の品質基準を設けることで、安定して高品質な製品をお届けしています。CPTG基準をクリアするには、まず原材料の質が非常に重要です。

同じ品種でも、産地や収穫年などの違いによって成分が大きく変わってしまうことがあるのです。

産地や品種、部位を選び抜き、最適なタイミングで収穫することで、有用性の高い成分をより高い濃度で抽出できます。そのため、ドテラの技術者は研究を重ね、世界各地の生産者と協力しあって原材料供給のネットワークを張り巡らせています。
原材料と同じく大切なのが、品質管理です。

ドテラではCPTG品質基準に基づいた検査を、すべての製品で生産ロットごとに実施しています。

増量剤などの添加物や農薬などの残留物、不純物が含まれていないか、適切な量の有用成分が含まれているかどうかなどを厳しくチェックし、高品質の製品を安定して生産できるよう努めているのです。

CPTG基準

このCPTG基準がドテラのアロマを赤ちゃんに使える徹底的根拠のようです。

まとめ

ドテラのアロマを赤ちゃんに使うか使わないかは使用する本人が決定されることが一番の大切なことで、批判したり無理やり進めたりするのはよくないのではと感じました。

医者が確信できる基準のアロマで赤ちゃんが健康になれば良いですね。

もう勧誘しなくて大丈夫!楽々在宅でオンライン集客構築する方法!

ネットワークビジネスに取り組む大部分の方が『誘う相手がいない』

という悩みを抱えていますよね。

誘う友人知人、リストアップした人脈が尽きてしまったら・・

そこであなたの収入もトップ!!

でももし、その人脈リストが無限に増え、しかも相手の方から

「その話聞かせて!」という方法があるとしたらあなたは興味ありますか??

確実にネットだけで毎月100人楽に集まる方法とは!?(タップ!)

コメント

タイトルとURLをコピーしました